読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなでつくる素敵な世界

すべての人が自分の得意なことで人助けして互いにそれがかみ合った世界ができたら素敵と思ってます。

クレジットカードを使うと金欠になりやすい一つの理由

仕事術/習慣術

クレジットカードを使うとその引き落としが発生していきなり金欠になることが誰しも経験があると思います。お金の管理ができる人はいつ利用したカードの引き落しが、いつ行われるかメモをしておいたりチェックをしてその引き落とし日のために、その分のお金を使わずによけておいてると思います。この作法ができている人はこの記事は読まなくてよいと思いです(*´∀`*)

この作法ができていない人は、例えばクレジットカードで1万円のお買い物をした後、1万円を使用したことを忘れて(結果的に記憶からなかったことにしている)、手元にある1万円を他のお買い物に使ってしまいます。

そして、クレジットカードで買い物をした分の引き落とし日が到来すると、そうだった!支払いがっ!となります。引き落としは強制なので、手元にある他に使うはずであった1万円が引き落とされ、残っているお金でなんとかやりくりをしなくてはならないくなります。あちこちに波及するので、金欠になるので、仕方ないからクレジットカードを足りない部分で使おう、となってまた最初の状況になります。これが繰り返されるとどんどん支払い額が増えていきクビが回らなくなります。

お金の管理が苦手な人は、クレジットカードを使わないこと、というのは耳にしたことがあると思うのですが、なぜクレジットカードを使わなければお金が適切に回り出すのか、おそらく理解することが苦手なために困難なのだと思います。

僕もこのシナリオ通り、失念していた支払いが突然到来して慌てたことが何回かありました。上記のシナリオで金欠になるのだと気がついて、クレジットカードでお買い物をした後、すぐに支払えればいいのに・・・と思いました。僕がクレジットカードを使用する時というのは銀行でおろすことのできる使って良い分のお金があるのに、たまたまお金をおろしていなく、近くにATMがない時にカードを使うからです。すぐに返済できるカードってないのかなと思って確認したところ、その時は

www.jreast.co.jp

がそれをすることができるカードでした。今は他にもそういうことができるカードがあるかもしれません。

Viewカードで買い物やキャッシングをした後、JRの大きめの駅にあるALTTEというATMで返済ができます。通常翌月や翌々月の引き落とし日が到来して返済になりますが、ALTTEで返済してしまえば現金があるうちに返済を済ますことができるので、上記のシナリオで金欠になることを予防できます。

他にもいくつかのクレジットカードを使用していましたが、僕はViewカードを作った後、他のカードは解約してViewカードだけを使用するようになりました。今は突然の引き落としに苦しむことなく、可能な限り前倒しで返済しているので平和になりました。

もしお金のやりくりに苦しみがちで上記のシナリオに心当たりがありましたら、Viewカードに変更して、前倒しで返済する作法を試してみることを個人的にはお勧めします。